大橋院長の為になるブログ

2019.06.29更新

1) 収縮期血圧血圧が120mmHg未満に降圧された場合には、


加降圧すなわち血圧低下による有害事象の発展に注意を要する。


2) 初期治療においてはまず収縮期血圧まで降圧し、低血圧症状がなければ120mmHgまで降圧することにより、過降圧は起こり難い。

oohasi
3) 高齢者で収縮期血圧130mmHg未満に降圧した場合には過降圧となる可能性に注意をする。

投稿者: 大橋医院

SEARCH

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook