大橋院長の為になるブログ

2019.02.09更新

おおはし糖尿病性自律性神経障害は生命予後を悪化する。

Michigan Neuropathy Screen Instruction

MSNI(振動覚、痛覚試験)

MNS-1:振動覚試験

MNS-2:理学的スコア

陽性障害とは下肢の壊疽(糖尿病の多発神経障害)、

JDCPstudy

陰性障害症状:pin-prick、爪楊枝による痛覚低下テスト

安静時cVR-R, 角膜焦点顕微鏡

馬場分類:腓腹神経の低下があるかないか。

MRI Neurography(坐骨神経を使う)

Cureを目的か?Coreを目的か? DM神経障害:large fiber, smal lfiber(高血糖の影響を受けやすい)

アルドース、ARI、AR阻害薬 再生医療、神経機能維持、

ギルカゴンシグナル、KATP チロネル グルカゴンシグナルの増強、

Careを目的、有痛性神経を治癒、ミロガバリン

急性:メキシレチン、慢性プレウバリン、うつ:ヂュロキセチン(平成31年2月8日、大垣フォーラムホテルにて)

 

 

 

 

 

投稿者: 大橋医院

SEARCH

CATEGORY

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook