大橋院長の為になるブログ

2018.11.05更新

漫画性閉塞性肺疾患(COPD)の炎症は肺局所にとどまらず、全身性炎症を惹起し、多種多様の全身性の

併存症を誘発し、その多くはプライマリーケア領域のコモンディジーズである。生活習慣病関連疾患、骨粗鬆症、

サルコペニア、不安症、うつ、認知症を合併する.軽症~中等症COPD患者の多くが未診断、未治療で潜在する可能性がある。

早期診断。祖基地量が大切である。おおはし

投稿者: 大橋医院

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook Facebook