大橋院長の為になるブログ

2018.10.09更新

大橋医院   院長  大橋信昭
私は、高齢者になったら、ケーリーグラントのような素敵なおじさまになろうと思っていた。それが40歳を超したら、一気に禿が広がり、ビール中毒でデブになり、ケーリーグラントとは、遠くかけ離れたおじいさんになってしまった。若い女性も、私を見て男性とは思ってくれない。満員電車では、綺麗で若い女性ほど、私をちかんではないかと、警戒する。とんでもない!ちかんの現行犯で逮捕されれば、新聞に名前は載るは店じまいである。私は紳士であることを誓います。医学が趣味みたいなカチカチお爺さんではないですが、ご安心を!インフルエンザのワクチンが入荷しましたし、インフルエンザを直接、やっつける“ゾフルーザ”(20mg2錠)で、2日から3日で職場へ行けます。剥げてデブですが全国の女性の方、私は善良な医師です。

おおはし

投稿者: 大橋医院

院長の為になるブログ お問い合わせ Facebook